不妊改善につながる生活習慣とは?

見直そう!生活習慣

深井康代,ヤスヨ式,高齢出産,高齢不妊,ヤスヨ式高齢不妊

妊娠力は、生活環境や生活習慣を見直すことでアップする可能性が高まります。

そのためには、年齢、性交回数、食事、体重異常、喫煙、運動、ダイエット、ストレスなどの関係を知っておく必要があります。

 

そこで、このページでは妊娠力を下げる原因になるものを考えてみます。
もしあてはまるものがあったら、できるだけ取り除いていくことをオススメします。

妊娠しやすい体になるために見直すこと

1、喫煙

 

喫煙することにより妊娠力は下がり、AMH値が低くなるとの報告もあることは覚えておきましょう。また、万が一妊娠したとしても、赤ちゃんやこれからの自分の身体にとって、一つもいいことはないので、もし吸っている場合はすぐに禁煙しましょう。

 

 

2、体重異常

 

身体は太りすぎでも痩せすぎでも妊娠力は下がります。体重異常は、栄養のバランスが偏っていたり、運動不足など、いろいろな要因がかさなって起きるので、食生活を見直して適度な運動をすることが望まれます。

 

統計では体重が標準体重の120%以上ある場合には2.1倍、また、標準体重の85%以下となった場合には4.7倍のリスクがあるとの報告もあります。これは、太っている場合はエストロゲンが過剰になっていて、痩せ過ぎている場合は産生されにくいことが不妊の原因といわれています。

 

深井康代,ヤスヨ式,高齢出産,高齢不妊,ヤスヨ式高齢不妊

 

3、ストレス

 

ストレスは、妊娠だけにとどまらず心身ともに私たちを蝕みます。また、私たちが想像している以上にたまっていくのがストレスです。

 

しかし、忙しい毎日を送っている中でストレスのない生活を送ることはほぼ不可能ともいえますので、就寝前の時間などにリラックスできる環境を整え、ストレスを解消することが大切です。

 

こういったときにヤスヨ式のパートナーストレッチが有効です。

 

 

4、性交と回数

 

当たり前のことですが妊娠は相手の協力があってかなうものです。お互いにおもいやりの心を持つことが大切で、妊娠することだけが目的になってかえって夫婦関係がぎくしゃくしてしまい、心のストレスになっている場合もあります。

 

また、不妊の原因は女性だけでなく男性にも不妊の原因がある場合があることはご存知ですか?

 

精子検査によって特に男性側に問題がなかった場合も、普段の食生活や生活習慣などを改善するだけで妊娠しやすくなります。つまり、夫婦ともに健康な体を作る必要があるのですね。

 

さらに、週に3回以上の性交で6ヵ月後の妊娠率が50%を超えたとの報告もあります。これはあくまでも目安なので相手に無理ない程度でお互いに楽しみながら行うようにしましょう。

妊娠できる体になるための準備

このように、妊娠力を高めるには「体を冷やさない」「基礎代謝をアップさせる=適度な運動をする」「ストレスをためない」「禁煙」などが必要です。

 

「妊娠したい!」という気持ちが強いとかえってストレスになってしまいます。まずは生活環境や生活習慣をみなおし、「規則正しい生活を送る」ことを心がけてみてください。

 

 

「体質改善・体温UP」して妊娠する!

 

 

ヤスヨ式高齢不妊自然妊娠メソッド

 

 

* 当サイトからの期間限定特典もプレゼントさせていただいてます。

 

 

 

当サイトのトップページに戻る場合は⇒こちら

関連ページ

ストレス解消して不妊改善 | ヤスヨ式高齢不妊 深井康代監修 詳細と口コミ調べ
妊活中に感じるストレスは人によってさまざまですが、ストレスケアをしてあげることは不妊改善には大切です。ヤスヨ式高齢不妊改善ストレッチは、体だけでなく心のリラックス効果も望める内容です。さらに、そのほかのストレス解消法も紹介します。
高齢出産の芸能人 | ヤスヨ式高齢不妊 深井康代監修 詳細と口コミ調べ
デメリットばかりが強調されがちな高齢出産だっていいこともいっぱい。共通しているのは、みんながとても満足げだし、若いお母さんより少しだけ余裕があったり・・・。ヤスヨ式高齢不妊で人生を2倍以上楽しみましょうね。